和食

【食レポ】上石神井の讃岐うどん店・麺の里!うどんの芸術作品だ

上石神井・麺の里

料理は科学だ!

しばしば、そんな言葉が聞かれるが、うどんの科学を追究すると、これほど美味いうどんに行き着くのか・・・と、感心させられる。

練馬は西武新宿線上石神井駅のほど近く、麺の里(めんのさと)のことだ。

麺の里。うどん好きが足繁く通う、知る人ぞ知る名店である。

練馬のタウンガイドを謳うからには足を運ばないわけにはいかないだろう。早速、訪れてみた。

他では味わえない絶妙なバランスのうどん

麺の里が出すうどんは、本場香川県で修行を積んだ米山さんの力作だ。
香川県と言えば、讃岐うどん。

関東の蕎麦チェーンが扱う武蔵野うどんとは異なり、コシの他に粘りがあり、ツルツルとしたのどごしが良いうどんである。

最近では関東でも讃岐うどんを出す店が増えたが、米山さんのうどんを単なる「讃岐うどん」とジャンル付けするのは少し違う気がする。

その理由は、米山さんのうどんに対するこだわりにある。

味に雑味が出る化学調味料は一切使用しない。つまり、日持ちがしないため、極力作り置きをしない鮮度にこだわったうどんなのだ。

コシが強い北海道産の小麦と粘りが強い九州産の小麦を絶妙なバランスで組み合わせる。

それを季節により調整しつつ、最高のブレンドを追求しているというから恐れ入る。

出汁は北海道産の真昆布に、瀬戸内海のいりこ。かつ節や4種の節類で味を出している。

もちろん出汁も化学調味料は使わない。

うどんの小麦の配合から出汁の味わいまで、研究に研究を重ねて絶妙なバランスを演出している。米山さん曰く、「まだまだこれからも研究を続けていくんです」とのこと。

つまり、本場香川県で修行をした時の味から進化を遂げたうどんであり、冒頭で話した「讃岐うどん」とジャンル付け出来ない素晴らしいうどんなのだ

二度攻めてくる風味が美味い

実際に味わってみた。

オススメを伺ったところ、どれも味わって欲しいうどんであることは間違いないが、今は「とり天ぶっかけ」が一番人気ということで、注文してみた。

常連の客は冷やしのぶっかけを注文するのだという。

出てきたうどんはシンプルながら、艶やかなうどんの上にたくさんの鰹節が贅沢に載せられている。揚げたてのとり天も美味そうだ。

まずは、出汁をぶっかけて、うどんから嗜む。

驚いた。

うどんはコシが強く粘りが効いた食べ応えのある麺ながら、固すぎない。

チェーン店のうどんに慣れている方なら、麺を食べ進めていくうちにコシの強さで疲れを感じることがあるが、いくら食べても飽きを感じない絶妙な堅さに仕上がっている。

加えて、粘りが強くつるつるっとした爽やかな喉ごしが喉に喜びを与えてくれる。

次に驚くのが、出汁の味だ。

初めは鰹の強い風味が口いっぱいに広がる。その刹那、今度はまろやかで、優しく奥深い甘い風味の余韻が残る。

つまり、風味が二段階に分かれて漂ってくる過去に味わったことのない味なのだ。

うどんの風味を壊さない天ぷら

うどんの喜びに浸ったところで、続いては「とり天」だ。

少し、塩をかけていただいてみた。

こちらは、揚げたてだけあってサクサクして、これまた絶品。
しかも、油っぽくなく、うどんの風味を壊さない。

中の鳥は非常にジューシーで、鳥の肉汁がじわっと現れるが、これもクドさをまったく感じず、透き通った味に思える。

うどん、出汁、とり天のすべてが、絶妙なバランス感覚で仕上がっている。

麺の里のうどんは、うどんというより料理。いや、芸術作品と呼称しても言い過ぎではないだろう。

これで870円は安い。安すぎである。

上石神井に来た際はぜひ、麺の里に足を運んで欲しい。

関連

住所:東京都練馬区上石神井1-11-8
(西武新宿線上石神井駅 南口徒歩5分
営業時間:11:30~14:00
18:00~20:00
※麺がなくなり次第終了
定休日:水曜日、木曜日
http://mennosato.com/

-和食
-

Copyright© ねりまりん , 2020 All Rights Reserved.